大分県中津市沖代町1-1-57
TEL/0979-24-5560 FAX/0979-24-5561
Mail:info@kiribako.net

×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  ブログ記事一覧»  CONTENTS

CONTENTS

  • 件 (全件)
  • 1

会社概要

■増矢桐箱の特徴

1.製材部門があり、お手ごろな中国材から最高級の会津産の一枚板まで、いろいろな種類の材料がそろっています。

2.ご注文は、1個から数万個単位まで承ります。

3.納期は、基本的にご注文日から1週間以内にお届けします。

4.桐箱であれば、どのような形式の箱でも作製可能です。


■会社概要

会社名 有限会社 増矢桐箱
ショップ名 桐箱.net
代表者 増矢大介
住所 〒871-0021
大分県中津市沖代町1-1-57
TEL 0979-24-5560
FAX 0979-24-5561
MAIL info@kiribako.net
URL http://www.kiribako.net
定休日 土・日・祝日
営業時間 8:00~17:00
事業内容 桐箱の製造・販売


■アクセスマップ

折りたたむ

お客様の声

大阪市 S 様

  

去る2日に書類箱を注文しました大阪の S です。

ご報告が遅くなりましたが、昨7日のお昼前に代金引換にて間違いなく品物を受け取り、
さっそく座右に置いて使い始めています。

このたびは迅速かつ丁寧なご対応、誠にありがとうございました。

またお世話になる機会もあろうかと思いますが、その節はよろしくお願いします。

以上、まずは受領の御報告と御礼まで。

  

 

 

 


 

  

山口市 T 様

 
この度、米びつがFM山口より当選しまして、先ほど届きました。

とても軽く、ずっとこれから大切に使っていきたいと思います。

ありがとうございました。

皆さまも、これからもいいものを作っているというプライドを持ってがんばってください。

とてもすばらしかったので、Faxを送らせていただきました。

  

 


  

石川県 H 様


ご依頼をしました桐箱。確かに受け取りました。

出来上がりはさすがプロの作品と思います。

又、解説図も大変に助かりました。

それぞれの品を、収める箱が出来て、私も落ち着きを感じて居ります。

有り難うございました。

 

 

折りたたむ

よくある質問 Q&A

・ご注文について
・お手入れについて

ご注文について


Q. 特注品(オーダーメイド)は可能ですか?
A. 1個から承ります。まずはお問い合わせください。
無料で、お見積もりをいたします。
【 Go Link 】----> お見積もり・お問い合わせフォーム

Q. 特注品のサイズは何を知らせればいいですか?
A. サイズのご指定は大きく分けて2種類です。
箱の内径(タテ×ヨコ×高さ)、もしくは収めたいものの実寸をお知らせください。
また、何を収納されるかお知らせいただければ、まちがいが少ないです。
【 Go Link 】----> お見積もり・お問い合わせフォーム

Q. どのような形式の桐箱がありますか?
A. ひとくちに「桐箱」といっても、多種多様な仕様(形式)があります。
「ヤロー(印籠蓋)」「落とし蓋」「四方桟」などが代表的な仕様ですが、
収納したいものやご予算をご提示いただければ、最適な形式をご提案させていただきます。
【 Go Link 】----> 桐箱の仕様について

Q. 桐以外の材質はありますか?
A. 弊社は桐専門業者です。
桐以外の材料は取り扱っておりません。

Q. 桐にグレードはありますか?
A. 最高級とされている「会津桐」、「米桐」と呼ばれるアメリカ産が上柾(高級)とされています。
お手軽な中国産も取り揃えておりますので、ご予算に応じてご提案させていただきます。

Q. 桐箱に印刷はできますか?
A. 弊社では、ホットスタンプ(箔押し)とシルクスクリーン印刷をおこなっています。

Q. 桐箱(桐製品)の表面が変色したのですが、大丈夫でしょうか?
A. 自然の木材ですので、日光に当てると日焼けして、じょじょに飴色に変化します。
また、湿度の影響によって、表面が赤くなることがあります。
どちらの場合も、桐の効果(機密性・恒湿作用)に影響を及ぼすものではありません。

  

* その他、ご不明な点があれば、下記フォームにてお問い合わせください。
【 Go Link 】----> お問い合わせ・ご質問フォーム

 


お手入れについて


Q. 箱を落としてへこみができたのですが、修復可能でしょうか?
A. 桐は柔らかい材質ですので、すぐにへこみができてしまします。
へこんだ部分に水をつければ、かなりの確率で自然修復します。
修復できなかった場合は、弊社までお問い合わせください。
【 Go Link 】----> お問い合わせ・ご質問フォーム

Q. 箱が汚れてしまったんですが?
A. 充分に乾燥した材料で作製していますので、水拭きしても大丈夫です。
ただし、あまり濡らすとシミになることもあります。
わずかな汚れなら、乾いた柔らかい布で軽くふき取ってください。
砥の粉(トノコ)仕上げ加工をしている桐箱は、水拭き厳禁です。

Q. 蓋が反ってしまったのですが?
A. エアコンなどで乾燥した部屋に置いておくと、箱内と外気の湿度の差によって、蓋が反ることがあります。
エアコンの気流の吹き出し口付近に置くのは避けてください。

  

* その他、ご不明な点があれば、下記フォームにてお問い合わせください。
【 Go Link 】----> お問い合わせ・ご質問フォーム

折りたたむ

ぎゃらりー

ぎゃらりー
ぎゃらりー
ぎゃらりー
 
 
 
ぎゃらりー
ぎゃらりー
ぎゃらりー
 
 
 
ぎゃらりー
ぎゃらりー
ぎゃらりー
 
 
 
ぎゃらりー
 
 
 
 
 

折りたたむ

ごあいさつ

  

皆さんは、「もったいない」ということばをきいて、どのようなイメージをもたれるでしょうか?
もしかすると、「もったいない」ということばに、
ケチケチするといったマイナス要素を感じるひとがいるかも知れません。

しかし、本来「もったいない」いうことばには、

  1.「ありがたい」という感謝の心
  2.「畏れ多い」という謙虚な心
  3.ひとやものを大切にする優しい心

という、日本人なら以前はだれでももっていた
当たり前の行動規範ともいうべき意味が含まれているのです。
私ども有限会社増矢桐箱は、日本人が古来より大切にしてきたこの「もったいない」という精神をテーマに、

皆さまの大切なもの、そしてそれに込められた心を収納する桐箱づくりの技術と精神を後世に伝えるべく努力して参ります。

私ども増矢桐箱は、初代社長・増矢義夫が1930年(昭和5年)に大分県中津市で創業し、本年で82年目を迎えます。
陶器の箱を中心に掛軸用桐箱、線香用桐箱、仏具用桐箱、桐箪笥等を製造・販売しています。
80余年という長い年月をかけて培われてきた確かな技術と豊富な材質をそろえて、
お客さまの満足いく製品づくりに取り組んでいます。

また、このウェブサイトでは、桐箱・桐製品の情報のみならず、
私どもの地域のさまざまな情報も発信し、
また、ご覧いただく皆さまからも多くのご意見やアドバイスをいただき、楽しく運営していきたいと思います。
  
  

有限会社 増矢桐箱
代表取締役 増矢大介

 

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1