大分県中津市沖代町1-1-57
TEL/0979-24-5560 FAX/0979-24-5561
Mail:info@kiribako.net

×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  持続可能な発展と日本人のこころ

持続可能な発展と日本人のこころ


昔から、女の子が生まれると庭に桐の苗を植えて、
嫁入りのときに伐って箪笥を作ってもたせたといわれているように、
桐の生長は非常に早く、約15~20年くらいで使用することができます。

建築材として多用されている松が約40年、杉や檜が80~100年を要することと比べれば、極めて短いサイクルで使用可能なことがわかります。

また、十分に加工されて作成された桐製品は、
その耐用年数が100年とも150年ともいわれ、
お子さんやお孫さんの代まで使用可能です。

持続可能な経済発展

また桐箱や桐箪笥は、多少のキズや汚れが生じても、表面を削り直すことによって再生することが可能です。

しかし、そういった機能よりも、ものを大切にする、大切なものを伝えていくといった
日本人のこころが宿っているのが「桐」といえるのではないでしょうか。

企業においてはISOの取得、消費者側ではグリーンコンシューマーの誕生など、
地球環境に対する意識や配慮は、年々高まってきたかに思えましたが、
昨今の経済情勢の悪化により、企業も消費者も環境への配慮がピーク時よりも弱くなっているような気がします。

特に日本では、ダイオキシン発生の大きな要因のひとつであるプラスティック製品や、
再生不可能といわれる熱帯雨林を伐採した木材を短時聞で消費する生活が、メインストリームとなっています。

それに対して、「桐」は再生産可能な材で、
植林というより栽培にちかく、一般的に山ではなく畑で育てられています。

持続可能な経済発展への一助として、
日本の気候にあった機能と日本人のこころを兼ね備えた「桐」を、もう1度見直してみませんか。