×

商品一覧

CATEGORY

CONTENTS

ホーム»  ブログ記事一覧»  だいありー»  はんこって楽しい(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)

はんこって楽しい(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)

はんこって楽しい(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)

  
昔からはんこが大好きで、ラバースタンプを収集していました。
かなりのコレクションの量で、ごく一部ですが、弊社のkamiireにも収めています。

はんこ好きが高じて、ここ数年は自分でも彫る始末。
でも、悲しいかな、絵心が全くといっていいほどないので、もっぱらプロの作家さんの本を買って、それを写しています。
特に好きなのは、津久井智子さん。
以前消しゴムはんこをオーダーしたこともあり、大のお気に入り。

あ、消しゴムはんこの作家さんというわけではありませんが、我那覇陽子さんもオススメ。
この方のは切り紙の本も持っていますが、独特の雰囲気があってとてもすてきです。

話がそれてしまいましたが、そんな「はんこ好き」の私が一目惚れしてしまったのが、九州福岡は甘木の九甘堂さんの「遊楽の印 和(ゆらのいん・のどみ)」。
三代目オーナーの奥様がのどみを使ったいろいろな作品をマメにupしてくださってるので、見ているだけで紙好き(あ、こっちも、です)、はんこ好きの私は大興奮。
先日、といっても3月ですが、ガマンしきれずに突然お店におじゃましてしまいました(1度目)。
そしてつい先日、またまた甘木まで行ってきました(2度目!)。
そのときにお持ちした心ばかりのお土産(?)を九甘堂の奥様がすてきにご紹介してくださったので、よろしければご覧ください。
はじめての訪問のとき、柘植のはんこということで、ゴム印ユーザーの私には難易度が高すぎるのでは?と少し心配になりましたが、試しに押させていただいたときのあの感動といったら…。
どれもこれも欲しい!というところですが、まずは私の中ではあまり季節に関係ないと思われる蝶々など数点購入させていただきました。
1㎝前後の上品なサイズといい、印泥の赤のなんときれいなこと!
時々練ったり、あまりつけすぎないように、など、ちょっぴりデリケートな子ですが、陶器の容器に入った赤い憎いやつ、胸キュンです。
  

  
ところで、九甘堂の奥様がのどみを捺したものにエンボス加工をされていて、それがすごくすてきで、私も真似をさせてもらいました。
数年ぶりに段ボール!から魔法の粉(笑)とエンボスヒーターを引っ張り出し、がががーっ、っと熱気を当てると、あー、だんだんぴかぴかぷっくりになって…。
それがとても楽しくて、封緘シールもどきをたくさん作りました。
  

  
吸収力が高い紙よりも日頃はステイズオンぐらいなインクパッドで捺さないと乾きませんよ、という紙は…、ということで、たまたま持っていた竹尾のクラシコトレーシングに捺してみたら、あらあらすてき。
これぞまさしくエンボスの真骨頂!
ベタ面の多い「鯛」なんて、うっとりするぐらい…。
  

  
いま、会社の納品書を入れる封筒の封緘シールとして使っています。
あと、のどみって、桐の箱にもほんとにマッチするんですよ。
  

  
あー、それにしても、はんこってほんとに楽しい(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)

  

Update: 2010.4.22
Contributed by ビビビの女房@R

だいありー

 

お問い合わせ CONTACT

お問い合わせ先 桐箱.net

TEL 0979-24-5560 / FAX 0979-24-5561

TEL 0979-24-5560
FAX 0979-24-5561

営業時間 8:00~17:00
定休日 土曜日(不定期)・日曜日・祝日