×

商品一覧

CATEGORY

CONTENTS

ホーム»  ブログ記事一覧»  桐について»  桐箱の仕様について

桐箱の仕様について

桐箱の仕様について

ひとくちに「桐箱」といっても、様々な材質のグレードや仕様(形式)があります。

また、紐穴加工や蓋の天盛り、側板の組込、砥の粉(トノコ)仕上げ等で、さらに高級感を増すことができます。

用途やご予算に応じて、選択してください。

桐箱の代表的な仕様を紹介いたします。

 

 


■ 四方桟 (しほうさん)

高度な技術が必要な形式で、熟練した職人が一つ一つ手作りで作製いたします。
主に、高級な陶器、お茶道具などに使用します。

 

 

 


■ 印籠蓋 (いんろうふた)

「ヤロー」と呼ばれることもあります。
「蓋ヤロー」「身入ヤロー」「本ヤロー」の3種類があり、一般的な仕様(形式)です。

 

 

 


■ 二方桟 (にほうさん

もっとも簡単な作り方です。
単に、「桟蓋(さんふた)」と呼ばれることもあります。

 

 

 


■ 落とし蓋 (おとしふた)

おか持ちのように、蓋を上方向にスライドさせて開けます。
主に、花瓶(花入)や酒瓶、お人形などの収納に使用します。

 

 

 


■ 被せ蓋 (かぶせふた)

「被せ蓋」と「被せ置き蓋」の2種類があり、高さが低い箱に適しています。
お好みで、蓋部分の側板に取り手用の飾りを加工することもできます。

 

 

 


弊社では、お客さまのご希望に応じた桐箱製品を作製いたしております。
弊社へのご注文、またはお問い合わせ等に関しましては、
下記リンクの「フォーム」をご利用 ください(TEL、FAXでも結構です)。

折りかえし、弊社より内容確認のご連絡をさせていただきます。
なお、弊社休業日等にお問い合わせいただいた場合、お返事が遅くなります場合がありますことをご了承ください。

【 Go Link 】----> お見積もり・お問い合わせフォーム

  

 

桐について

 

お問い合わせ CONTACT

お問い合わせ先 桐箱.net

TEL 0979-24-5560 / FAX 0979-24-5561

TEL 0979-24-5560
FAX 0979-24-5561

営業時間 8:00~17:00
定休日 土曜日(不定期)・日曜日・祝日